はじめての方でもわかる、成行注文


fsdfsd成行注文はFXトレードにおける発注手法の一種で、その時点の為替レートで即座に約定します。

成行注文は、新規のポジション取り、手仕舞いの決済、両方の用途で利用可能です。ほとんど待たされることがないため、注文時に最も多く使用されています。非常にシンプルな注文方法ですが、いくつか注意しなければならないこともあります。

例えば、現在のレートが「買:105.07円、売:105.05円」の時、通常なら成行注文を行えば105.07円で購入できるはずです。けれども、実際に発注してみたら、全く異なる値段で購入させられて予定が大幅にくるってしまうことがあります。

これを「スリッページ」と呼び、初心者が成行注文時に出くわすトラブルの一種としてよく知られています。為替レートは時々刻々と変化しているため、発注が市場に到達する前にレートがずれてしまうことがあるのです。投資の世界では、ほんのわずかな時間差が命取りになります。絶対にスリッページを避けたい場合は、スリッページ無しのサービスを謳っているFX業者を活用することをお勧めいたします。比較的にスリッページを最小限に抑えられるブローカーがハイローオーストラリアだと思います。もし興味がありましたらホームページにアクセスしてみて下さい。

約定拒否(リジェクト)

基本的に成行注文は即座に確実に約定しますが、ごくまれに注文が拒否されてしまうことがあります。これを「約定拒否(リジェクト)」と呼び、為替相場が急激に変動している時やニューヨーククローズ付近、相場の流動性が失われている時などに発生します。約定拒否について更なる詳しい情報は、投資攻略の徹底分析サイトを見てみてください。

発注時のレートとその注文がFX業者のサーバーに到達した時のレートに差があると、業者が損失を防ぐために注文をブロックするのです。一種のトレードシステムの欠点であり、やむを得ない措置と言えます。一昔前まではディーラーが手動でレート操作を行っていましたが、現在ではコンピュータが自動的に処理しているため、極めて透明性の高いトレードが提供されています。スリッページにより金銭の損失を被るくらいなら、いっそリジェクトされた方がマシと言えるかもしれません。海外バイナリーオプションをやっているという方も、FXで学んだルールや戦略法が役に立つ事が分かるでしょう。